何か創りたい。
http://toshirr.blog13.fc2.com/
* Toshi's Recess Room - Toshi Creates. - エディタを分離
<< 2017/07 - 2017/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2017/09 >>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ No. ]
[ 日時 : --/--/-- (--.) --:--:-- ]
[ カテゴリ : スポンサー広告 ]


エディタを分離

コツコツ作り続けておりますがエディタとコンパイラは分離した方が良いですね。
エクスポートで外部からの呼び出しに対応すると汎用性が増しますしね。
多分 DLL にするんじゃないかと踏んでいます。するとコンパイラ単体では
使い物にならないので、別途コンパイラを呼び出してコンパイルだけをしてくれる
サンプルみたいなアプリも添付してみるという手が浮かびました。

UPX なんてかけてみるとサイズをアピールすることになります(´∀`)
でも極力使わないことにした方が良い気もします。RedCard は特別。

で、エディタの方も単体で使える様な仕上げにしてみたいと考えます。
エディタも配布 As Another Application します。
言語の方には、このエディタを言語専用にカスタマイズ、手を加えて添付するという。
全く別のエディタではないが、中枢の部分は同じ「エディタ」な訳です。

もし単体のエディタだけで DLL の動的な呼び出しが出来るならそのテクニックで
言語専用のエディタに出来ます。しかも元となるプログラムは 1 つで済みます。

えー、自分でも上の文章を見て訳が分からなくなったのでも一度。

もし単体のエディタに DLL の関数を動的に呼び出す機能を付けることが出来れば、
その機能で言語のコンパイラ DLL の関数を呼び出す設定を施し、
INI ファイルなどに設定を保存して、その状態でそのままそっくり
言語の方に単体のエディタを添付するといいんジャマイカと。
そうすればエディタ プログラムは 1 つになり、言語専用のエディタを作りたいが為に
プログラム コードを弄って再コンパイルする手間が要りません。
DLL 関数の動的呼び出しの設定だけで済むのです。
これで少しは分かり易くなった。(笑)

将来自分の覚書になるかも知れないこのブログですからね。

で、動的呼び出しとなると引数の指定とかがあって多分現実的な実装は
大変でしょう。HSP がそれをやってのけていますので可能なんでしょうが...
スポンサーサイト

[ No. 127 ]
[ 日時 : 2005/11/30 (Wed.) 23:13:28 ]
[ カテゴリ : プログラミング ]
[ コメント : 0 ]
[ トラック バック : 0 ]


コメント


コメントの投稿









トラック バック


トラック バック URI

http://toshirr.blog13.fc2.com/tb.php/127-2d1dcf79


前後の記事

これ以降に書かれた記事 : Shiwasu.
これ以前に書かれた記事 : 気分が乗らない前日

プロフィール

Toshi

  • Author:Toshi
  • 何かを創りたい Toshi の記録


ブログ内の検索


最近の記事


最近のコメント


最近のトラック バック


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


月別の記事


カテゴリ別の記事


RSS フィード


<< 2017/07 - 2017/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2017/09 >>
* Toshi's Recess Room - Toshi Creates. - エディタを分離
http://toshirr.blog13.fc2.com/
(C) 2005 - 2009 Toshi, All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。