何か創りたい。
http://toshirr.blog13.fc2.com/
* Toshi's Recess Room - Toshi Creates. - 2009年12月 の記事 /
<< 2009/11 - 2009/12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2010/01 >>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ No. ]
[ 日時 : --/--/-- (--.) --:--:-- ]
[ カテゴリ : スポンサー広告 ]


年末のご挨拶

早いもので今年も終わりとなります。
ガキ使見て爆笑しながら携帯での更新ですので短く。

例年のように今年を振り返ってみますと、
新しいソフトの公開もありましたが、既存ソフトに手を加えるのがメインだった、と言えます。
また学校の課題研究での携帯ゲームアプリ開発に着手できたのは大きな収穫になりました。
是非とも完成させたいですね。
ここで Java に触れたことは今後きっと役に立つと考えています。

学校生活面では、部活の引退、進路の決定など最高学年らしいことが満載でした。
こうしていろいろできることももうないので、
来年のわずかに残された学校生活を楽しんで、
胸を張って卒業し、新たな場所で新たな生活を…ってこれは卒業のときに言うことですね。

ともあれ、高校生として過ごせる最後の年末年始ですので、まったりといきます。
よいお年をお迎えください。
スポンサーサイト

[ No. 889 ]
[ 日時 : 2009/12/31 (Thu.) 22:19:23 ]
[ カテゴリ : 心情 / 情況 ]
[ コメント : 0 ]
[ トラック バック : 0 ]


削除(BlogPet)

Overhandは削除しなかったー。

*このエントリは、ブログペットの「Overhand」が書きました。

[ No. 888 ]
[ 日時 : 2009/12/31 (Thu.) 08:47:52 ]
[ カテゴリ : BlogPet / 未分類 ]
[ コメント : 0 ]
[ トラック バック : 0 ]


オープンアプリ開発備忘録(i アプリからの移植含む)(BlogPet)

Toshiの「オープンアプリ開発備忘録(i アプリからの移植含む)」のまねしてかいてみるね

前々から見ていいこともないとは修正不要でしたので、キーの修正すべきこと。
auの公開できていたの起動操作]メニューのため最新のPreferencesでOKでしたので当たり前かもしれませんですができるサーバーでショートカットキーのプラットフォーム、例えば私は修正が保存されればエラーはEclipseMEを開発しなければ公開するときに済みます!
オープンアプリでOKでしたJAD/Javaアプリケーションですね。
iをインポートするだけですね。
色々あるのベースに済みますと見たの方がインストールする、スタートメニューの起動]-Vendor:MIDP-Version:******MIDlet-2.jarこの設定を持っておいたアプリケーションですので当たり前かもしれませんでしたが公式サイト・オープンアプリ開発する]で確認しますが公式にrecordstoreみたいな名前のために変えなければ公開できません。
iから見たものでEclipseMEを加えなければ公開できませんでしたので、ソフトキー入力されるはずですが保存されるはずですね。
修正すべきな内容の絶対パスで入力されて楽ですね♪
今のタスクから見てリモートデバッグできますが♪
今の公開する、startAppを総合し、Webへの準拠設定に保存されれば公開できます♪
まずJAD/vnd.2me.4に保存されましたらご指摘ください...。またこれと思います...。その他もろもろの知識を持っている3.2MEWirelessToolkit2me.4に覚えて楽です。
MIDlet-URLはBREW上で実行されましたらご指摘ください?
ひとつ、検索を1:ToshiMIDlet-Jar-[CreatePackage]のところ書くべきな内容のベースに関わる部分に関しては注意しなければなりません!!
ダウンロードここでもstartApp/JDKを編集します!!
棲み分けとして、一旦iDKが必要ですね。
deployedフォルダに変えなければなりませんので当たり前かもしれません...。・オープンアプリはない)、オプションのバージョンが保存されれば公開♪
deployedフォルダに覚えていないんので、例えば私が。
deployedフォルダにするためにしたところ、デバイスのタスクから書きたいと考えておいたので当たり前かもしれません...。またこれは弄らずに対応しなければ公開。
ダウンロードここはレコードストアに修正がありましたものに含みます?
なお、それらをインストールする記述は弄らずに「」というかなぁといいというか)です。
棲み分けとして、端折りますがインストール→3.

*このエントリは、ブログペットの「Overhand」が書きました。

[ No. 887 ]
[ 日時 : 2009/12/24 (Thu.) 08:57:39 ]
[ カテゴリ : BlogPet / 未分類 ]
[ コメント : 0 ]
[ トラック バック : 0 ]


オープンアプリ開発備忘録(i アプリからの移植含む)

前々から書きたいと思ってました。
オープンアプリ開発環境の構築・開発時に覚えておいた方がいいことについてです。
当然ながら受け売りの知識を多分に含みますが、それらを総合してまとめます。
au の携帯を持っているわけでもないので、間違いがありましたらご指摘ください...。

・オープンアプリとは。

オープンアプリプレイヤー上で動作する Java アプリケーションです。
で、そのオープンアプリプレイヤーは BREW 上で動作している BREW アプリです。
棲み分けとして、BREW は公式サイトが公開するアプリのプラットフォーム
オープンアプリプレイヤーは勝手サイト・個人が公開するアプリのプラットフォーム(というかアプリ)です。
具体的には JBlend という BREW アプリということです。ここら辺の概念は i アプリとは異なりますね。
(※追記:i アプリも JBlend で動いています)

・開発環境の構築。

念のため最新の JRE / JDK をインストールし、その上で J2ME Wireless Toolkit をインストールします。
私がインストールしたのは Wireless Toolkit 2.5.2 for CLDC です。

Eclipse で開発するためには EclipseME というプラグインが必要です。
これは Eclipse 本体のバージョンが古いと利用できませんので、3.5.1 Galileo をインストールします。
私は iDK が公式に対応している 3.1.2 を利用していましたが、これとは別にインストールするのもアレだったので、

  一旦 iDK をアンインストール
→ 3.1.2 を削除
→ 3.5.1 をインストール
→ 再び iDK をインストール

しました。とりあえず 3.5.1 でも iDK は問題なく動いているようですので、共存は可能です。
その上で EclipseME をインストールしました。
関係ないですが、3.5.1 の [ヘルプ] メニューに [ソフトウェア更新] という項目がありませんでした。
環境のせいかもしれません...。

その他もろもろの設定は色々あるのですが、端折りますと、
デバッガのタイムアウトを延ばす(時間が掛かることも考慮してか)、コンパイラの準拠設定を 1.4 にする、
デバイスの設定をインポートする、といったことです。
ここは自信を持ってこの設定がいいとは言える立場にありませんので、検索をお願いします...。

またこれは Eclipse 3.5.1 自体に関する話ですが、
i アプリを開発しているときに、[前回の起動を実行] の挙動が期待したものではなかったので、
オプションの [実行/デバッグ] - [起動] - [起動操作] で
[常に前回起動したアプリケーションを起動する] にするといいようです。
これでショートカット キー一つで実行できるようになりました。

i アプリのスクラッチパッドは、オープンアプリではレコードストアにあたります。
この動作をエミュレータで確認していたのですが、どうやらデータが保存されていない様子。
色々調べたところ、スタート メニューの Wireless Toolkit の Preferences で、
[ストレージ] のところに recordstore みたいな名前の設定をしておくと正常に保存されました。

・i アプリからの移植。

プログラムの根幹の部分に関してはさすがに修正が必要ですが、多くの部分は弄らずに済みます。
コレに関しては素直に「スゲェ」と思いました。Java なので当たり前かもしれませんが。
修正すべき部分として、ソフトキーのラベル(コマンドという概念に変えなければならない)、
キー入力取得(こちらもコマンドに関わる部分あり)が主になるかと思います。
それ以外、例えば私が開発しているゲームではゲームのベースになっているシステムに関しては修正不要でした。
繰り返しになりますが、この部分の修正が全く必要なかったのは大きいです。

ひとつ、startApp / pauseApp の扱いには注意してください。
i アプリは他のタスクから復帰するときは単に中断されたところから再開するだけ
(訂正)resume メソッドから再開するのですが、
オープンアプリは起動時と同じくここでも startApp を通るようです。

i アプリと違ってリモート デバッグではなく直接デバッグできて楽ですね。

・Web への公開。

正直 i アプリの方が楽です。
まず JAD ファイルを編集しなければならないのですが、下記のような内容で OK でした。


MIDlet-1: ***,,***
MIDlet-Jar-Size: ******
MIDlet-Jar-URL: ***.jar
MIDlet-Name: ***
MIDlet-Vendor: Toshi
MIDlet-Version: 0.8.0
MicroEdition-Configuration: CLDC-1.1
MicroEdition-Profile: MIDP-2.0


Eclipse 上で編集できます。MIDlet-Jar-Size は自動で入力されるはずです。
注意すべきなのは、MIDlet-Jar-URL は JAD ファイルから見た相対パスでなければならないこと。
JAD ファイルを開いて正常にエミュレータが実行されればエラーはないと見ていいでしょう。

後は Eclipse のパッケージ・エクスプローラでプロジェクトを右クリックし [J2ME] - [Create Package] を選択。
deployed フォルダに作成された JAD / JAR ファイルをアップロードします。
なお、Web ページからダウンロードできるようにする記述は下記のようなものになります。

<a href="device:jam?http://www.example.com/JAD.jad">ダウンロード</a><br>

ここでは JAD ファイルへの絶対パスにしなければならないところに注意が必要です。
また、サーバーの MIME 設定に手を加えなければなりません。

AddType text/vnd.sun.j2me.app-descriptor .jad
AddType application/Java-archive .jar

このような内容の .htaccess を置くのが手っ取り早いです。
こういうことができるサーバーでなければ公開できないんですね。

今のところ書くべきことはコレぐらいかなぁと考えています。

[ No. 886 ]
[ 日時 : 2009/12/23 (Wed.) 00:22:40 ]
[ カテゴリ : プログラミング ]
[ コメント : 0 ]
[ トラック バック : 1 ]


環境変数を変更したら再起動すべきか

i アプリ→オープンアプリ移植の話は書くと長くなりそうですので明日以降に。
今日は Windows の環境変数についてお話ししたいと思います。

様々なアプリケーションをインストールしていると、ときに環境変数に手が加えられることがあります。
中でも PATH はその代表的な存在だと言えるでしょう。
例えばコマンド プロンプトから利用するような開発ツールは、
どこのフォルダから開いても名前を打つだけで起動できるように PATH に追記することがよくあります。

ここからが本題です。
環境変数が変更された場合、それをシステムに反映させるために再起動すべきなのでしょうか。

実際にやってみると分かりますが、
システムのプロパティで環境変数を変更して再び設定を開いてみると、ちゃんと保存されていることが分かります。
つまり「変更」のみなら再起動せずとも可能です。

では次に、このような手順を行ってみます。

1. スタート メニューからコマンド プロンプトを起動します。これを (A) とします。
2. (A) で set コマンドを実行して、PATH の内容を確認します。
3. システムのプロパティで、環境変数 PATH に何か追記します。
4. 再びスタート メニューからコマンド プロンプトを起動します。これを (B) とします。
5. (B) で set コマンドを実行して、PATH の内容を確認します。追記した内容が反映されているはずです。
6. 今度は (A) で set コマンドを実行します。こちらは追記が反映されていません。

5. の手順からも分かるように、環境変数の変更自体はきちんと反映されていますが、
6. の手順からも分かるように、これが (A) にまで及ぶことはありません。
どういう理由からなのでしょう。

まず set コマンドは、「自プロセスの環境変数を表示する」ことに留意します。
プロセスは起動時に環境変数が割り当てられるわけですが、set はそこから表示しているだけで、
その都度システムから取得しているわけではなさそうです。これは 6. からも明らかです。
もしその都度であれば、(A) にも追記した内容が反映されているはずですからね。

今度はこのような手順を行ってみます。

1. スタート メニューから「他のアプリケーションを起動できるアプリケーション」を起動しておきます。
  要は、ランチャーのようなアプリケーションであれば何でも構いません。
2. そのアプリケーションからコマンド プロンプトを起動します。これを (A) とします。
3. (A) で set コマンドを実行して、PATH の内容を確認します。
4. システムのプロパティで、環境変数 PATH に何か追記します。
5. スタート メニューからコマンド プロンプトを起動します。これを (B) とします。
6. (B) で set コマンドを実行して、PATH の内容を確認します。追記した内容が反映されているはずです。
7. 今度は (A) で set コマンドを実行します。こちらは追記が反映されていません。
8. ここで、1. で起動したアプリケーションからもう一度コマンド プロンプトを起動します。これを (C) とします。
9. (C) で set コマンドを実行して、PATH の内容を確認します。こちらも追記が反映されていません。

今までの流れで行くと、追記後に起動した (C) には追記が反映されていそうですが、されていないのです。
一体何故なのでしょうか。



実は、これは一言で言えば「プロセス間の継承」という仕組みによるものなのです。

環境変数は親プロセスの持っているものが子プロセスにそのまま引き継がれます。
2 番目に行った手順で言えば、(A) と (C) はいずれも 1. で起動したアプリケーションから起動されており、
このアプリケーションが持っていた環境変数をどちらも継承したため、追記の影響を受けなかったのです。
つまり、一旦プロセスを起動してしまえば、その後にいくら環境変数が変更されようが、
そのプロセスも、そこから起動された子プロセスもその影響を全く受けないというわけです。



しかし、少し考えると「いや待て」ということになるのではないかと思います。
両方の手順の中で、(B) はいずれもスタート メニュー = Explorer.exe から起動されています。
環境変数が親プロセスから継承されるのであれば、(B) も追記の影響を受けないのでは?



実は、これは Explorer.exe の挙動が関係しているのです。

環境変数が変更されるとすべてのトップレベル ウィンドウに WM_SETTINGCHANGE メッセージが送信されます。
Explorer.exe のウィンドウも例外なくこれを受け取り、
そこで「自プロセスの環境変数を更新する処理」を行っています。
それによって、これ以降 Explorer.exe から起動されたアプリケーションは、
更新された環境変数を Explorer.exe から継承することができるというわけです。

普通のアプリケーションはそんなことしませんが、Explorer.exe は仮にもシェルなので、
子プロセスに与える影響が大きいためにこんなことをしているのかもしれません。
ちなみに、その更新の処理は非公開 API である shell32.dll の
RegenerateUserEnvironment API を利用しているそうです。

ということで記事のタイトルの話をしますと、
環境変数を変更しても、それに関心を持つのは一部の特殊なアプリケーションだけです。
システムの重要なプロセスでさえも再起動前は変更が反映されていませんでした。
そのため、システム全体に確実に変更を反映させるためにはやはり再起動が一番のようです。

[ No. 885 ]
[ 日時 : 2009/12/22 (Tue.) 00:05:48 ]
[ カテゴリ : プログラミング ]
[ コメント : 0 ]
[ トラック バック : 0 ]


Challenge the 移植

最近息が白いなぁ、と思ってたら今度は道路も白くなりました。降雪です。
おかげで朝の登校が一気にハイレベルに。いやもちろん毎年のことなんですが今年は急すぎだろと。
少なくとも先週はこんな銀雪はしんしんと降ってませんでしたよここ一帯では。
なぜか今年は降ってないときとのギャップがすごいような気がするんですよ主観では。

とか思ってたら去年とか一昨年は 11 月の時点で雪に襲われてました。今年ってマシな方なんですね。

さて、i アプリですが移植を目指したいと思います。どこに?
au と SoftBank です。いずれも MIDP という同一プロファイルですので、頑張ってみます。
開発における異なるプラットフォーム間の移植という作業は初めてです。
もちろんこのブログにて便利そうな情報は公開していきたいと思います。

[ No. 884 ]
[ 日時 : 2009/12/18 (Fri.) 22:29:50 ]
[ カテゴリ : プログラミング ]
[ コメント : 0 ]
[ トラック バック : 0 ]


参考しなかった(BlogPet)

Toshiと、参考しなかったー。
でも、Toshiで備忘録っぽい研究するはずだったみたい。

*このエントリは、ブログペットの「Overhand」が書きました。

[ No. 883 ]
[ 日時 : 2009/12/17 (Thu.) 07:58:25 ]
[ カテゴリ : BlogPet / 未分類 ]
[ コメント : 0 ]
[ トラック バック : 0 ]


びっくりするほど遊べてる

じっくり続けてきた i アプリ(ゲーム)開発も、おそらく 6 割あたりまで進んでいます。
実機にダウンロードしてそこそこに楽しめているので一安心。
この「ゲームっぽい」感じがなんとも言えません。
絵心がないので、借り物の素材を組み合わせてビジュアルを作っているのですが、サマになってます。

今後難しくなってくるのはゲームバランスの調整。
テスターとして周りの人達を巻き込みたいと思います。

[ No. 882 ]
[ 日時 : 2009/12/13 (Sun.) 22:57:44 ]
[ カテゴリ : プログラミング ]
[ コメント : 0 ]
[ トラック バック : 0 ]


指定したかったみたい(BlogPet)

Toshiと、指定したかったみたい。
だけど、Toshiと列挙も起動したいです。

*このエントリは、ブログペットの「Overhand」が書きました。

[ No. 881 ]
[ 日時 : 2009/12/09 (Wed.) 08:52:01 ]
[ カテゴリ : BlogPet / 未分類 ]
[ コメント : 0 ]
[ トラック バック : 0 ]


Google 日本語入力マジパネェ

期末テストも終わり、時間が空いたので i アプリの開発を家でもしてしまっています。
授業中だけだと間に合わなそうだったので、基盤の部分をほぼ組み上げちゃいました。
それと、もう今年はテストとか行事がないので、日常の学校生活の中で楽しんでいこうかなぁと。

で何を作っているかというと、本当に久しぶりなゲームです。ツールでなく。
基盤を組み上げたとはいえ、突貫工事の部分が割とあるのであまり出来はいいものではないかもしれませんが、
完成の暁には授業でだけでなく Web でも公開する予定です。

さて、巷で話題の Google 日本語入力、私も利用しています。
けっこうたくさんの単語を予測変換してくれますので楽しめます。
ただ、MS IME で使えていたショートカットに使えないものがあり、既定では

・Ctrl + Backspace による確定文字列の取り消し
・無変換キーによる「全角ひらがな・全角カタカナ・半角カタカナ」の切り替え

これができません。後者はカスタマイズによって可能なようですので、
前者ができたらいいなぁ、と感じているところです。

[ No. 880 ]
[ 日時 : 2009/12/06 (Sun.) 22:12:06 ]
[ カテゴリ : 科学技術 ]
[ コメント : 0 ]
[ トラック バック : 0 ]


クロス開発だから

Eclipse で i アプリを開発しているわけですが、ある程度区切りがつくと実機で動作確認したくなります。
その際、

iDK でビルド→FTP クライアントでアップロード→実機でダウンロード

という手順を踏まなければなりません。
せめて前半二つを自動化できればいいんですが、割と面倒そうなので遠慮しておきます。

コーディングを続けていると、DoJa の独特の動作が少しだけですが分かってきますね。
しかしながら、Java の習得が一番の収穫と言えるかもしれません。まだまだ汚いコードですが。

たぶん備忘録は終わりです。

[ No. 879 ]
[ 日時 : 2009/12/03 (Thu.) 22:26:57 ]
[ カテゴリ : プログラミング ]
[ コメント : 0 ]
[ トラック バック : 0 ]


認識(BlogPet)

きょうOverhandは認識しなかった。

*このエントリは、ブログペットの「Overhand」が書きました。

[ No. 878 ]
[ 日時 : 2009/12/02 (Wed.) 08:44:33 ]
[ カテゴリ : BlogPet / 未分類 ]
[ コメント : 0 ]
[ トラック バック : 0 ]


プロフィール

Toshi

  • Author:Toshi
  • 何かを創りたい Toshi の記録


ブログ内の検索


最近の記事


最近のコメント


最近のトラック バック


カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


月別の記事


カテゴリ別の記事


RSS フィード


<< 2009/11 - 2009/12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2010/01 >>
* Toshi's Recess Room - Toshi Creates. - 2009年12月 の記事 /
http://toshirr.blog13.fc2.com/
(C) 2005 - 2009 Toshi, All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。