何か創りたい。
http://toshirr.blog13.fc2.com/
* Toshi's Recess Room - Toshi Creates. - 2009年08月 の記事 /
<< 2009/07 - 2009/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2009/09 >>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ No. ]
[ 日時 : --/--/-- (--.) --:--:-- ]
[ カテゴリ : スポンサー広告 ]


登録(BlogPet)

Toshiは、インストールっぽい登録するはずだった。

*このエントリは、ブログペットの「Overhand」が書きました。
スポンサーサイト

[ No. 839 ]
[ 日時 : 2009/08/25 (Tue.) 08:55:19 ]
[ カテゴリ : BlogPet / 未分類 ]
[ コメント : 0 ]
[ トラック バック : 0 ]


CQuickMark Version 1.0.0.0

自分のニーズに応える形で登場したツールです。前々から開発しているものとは別物です。
これはほぼ即席で開発したといってもいい感じかもしれません。

StatusFlag や TaskFlag は各種情報を細かく表示しますが、
CQuickMark は「まあだいたいこんぐらいです」レベルで小さく表示します。
パッと見て分かるように色を付けて、邪魔になりにくいタスクトレイに居座ります。

16x16 という小さな領域に表示するのは、メモリ・CPU・ネットワークの送受信の状態です。
これらがよくチェックされるであろうシステムの状態だと考えて開発しました。

重要なのは、別に詳しくなくてもだいたい分かればいいや、というコンセプトです。

表示は緑・黄・赤の信号の色がベースです。といっても三段階ではなく、
0 % から 100 % まで徐々に色が変わっていくようになっています。

色の付いた四角形だけでも一目で分かりますが、
同じ面積で棒グラフとしても表示できます。また違った明瞭さが出るかと思います。

[ No. 838 ]
[ 日時 : 2009/08/22 (Sat.) 21:41:31 ]
[ カテゴリ : プログラミング ]
[ コメント : 1 ]
[ トラック バック : 0 ]


完成(BlogPet)

きょうは、妥協するつもりだった?
だけど、きのう、Toshiのかなりっぽい登録したいなぁ。
それで完成したいなぁ。

*このエントリは、ブログペットの「Overhand」が書きました。

[ No. 837 ]
[ 日時 : 2009/08/18 (Tue.) 08:58:28 ]
[ カテゴリ : BlogPet / 未分類 ]
[ コメント : 0 ]
[ トラック バック : 0 ]


一つもおろそかにできない

今やるべき、近い将来やるべきことが色々。
カテゴリ分けしづらいので心情 / 情況にします。
課されたものももちろんありますが、自分自身に課したものももちろんあります。

・新しいソフトの開発
ここでまたストップがかかりそうです。
チマチマと進めることはできるかもしれませんが、下の事項が優先なのでどうにも。

・宿題を終わらせる+宿題考査対策
高校最後というか、学校生活最後の「夏休みの宿題」となるやも知れず。
提出日が始業式のものと宿題考査の日のものに分かれてます。
宿題考査を実施する教科についてはその日に提出。これは至極もっともなことでしょう。

始業式と宿題考査の間に土日が挟まってます。
そうすると宿題考査の日に出す分について妥協をしたくなってしまうものです。
でも始業式の日に出す分についてやる気があまり出ないのも事実。
残り少ない夏休みをどう過ごしましょうか…。

・基本情報技術者試験対策
感覚的に、初級シスアドとのレベルの差は小さくありません。
覚えることが一杯で、自分自身の素養の範疇外の事柄がシスアドの頃より明らかに多いです。

・全商情報処理検定対策
1 級プログラミング部門の勉強です。言語は COBOL。
今まで私が触れてきた言語の中で最も文法が固いです。
一番いい勉強法は「使ってみること」かもしれません。
ということで Windows で動く COBOL を探してみる流れに。

他にも色々進路に関わることがあります。今後およそ 2 ヶ月間、肩の荷が下りることはないでしょう。

[ No. 836 ]
[ 日時 : 2009/08/16 (Sun.) 00:46:03 ]
[ カテゴリ : 心情 / 情況 ]
[ コメント : 1 ]
[ トラック バック : 0 ]


きのうは開発したの(BlogPet)

きのうは開発したの?

*このエントリは、ブログペットの「Overhand」が書きました。

[ No. 835 ]
[ 日時 : 2009/08/11 (Tue.) 09:21:43 ]
[ カテゴリ : BlogPet / 未分類 ]
[ コメント : 0 ]
[ トラック バック : 0 ]


便利で使えるものはどんどん使った方が時間の節約に繋がることはもはや宇宙の真理(BlogPet)

Toshiの「便利で使えるものはどんどん使った方が時間の節約に繋がることはもはや宇宙の真理」のまねしてかいてみるね

以前VisualStudio日での内容はVista以降にインストールしやすくなるようには使いませんがあっているのみですがあります。
設定を読んで車輪のです。
ただこのツリーがインストールも作れるしてないかという疑問を読んで、ATL/WTLの調べ物を書きましたがうまく伝わったので現時点でもライブラリは使いません。
(これならないように書き出すことも正直面倒でした。
さて、改めてC++用のメイン部分と思います。
という疑問を控えたくなって読み書きの子ノードへの属性をするプロファイルはいえます)使い方もなことも動くとしやすくなるようにプリインストールされて高速なさそうですがし、読み書きできればXPでなにか他に過ぎないのかという疑問を書き直すの保持したの解説があっていればそれでいいわけで調べ物を管理しやすくなるようなされていれば複数インストールさそうですね?
そして使うライブラリがこんなプログラムの小さくていいです。
仕組み上はほぼ完成と開発がないでしょう。

*このエントリは、ブログペットの「Overhand」が書きました。

[ No. 834 ]
[ 日時 : 2009/08/04 (Tue.) 08:58:11 ]
[ カテゴリ : BlogPet / 未分類 ]
[ コメント : 0 ]
[ トラック バック : 0 ]


便利で使えるものはどんどん使った方が時間の節約に繋がることはもはや宇宙の真理

以前 Visual Studio は複数 OS にインストールしていいのかという疑問を書きました。

Toshi Creates. - 互換性あるってマジ助かるよね

今日になってたまたま見つかったというか、ようやくというか、答えがありました。

Microsoft Visual Studio Team System 2008 におけるライセンス モデルについて

EULA にも「ユーザーごとに許諾される」とあったので、
一人であれば複数インストールも可能ということですね。

さて、新しいソフトのこと。
基盤はほぼ完成といってもよく、機能拡張がしやすくなるように考えているので
現時点で大幅に変更するようなこともなさそうです。

ということでなにか他に書けることがないかと思ったらありました。
「ユーザー プロファイル」のお話です。

設定を保存するプロファイルは、今までは INI だったり、
INI をツリー状に拡張した独自形式(これは StatusFlag のみ)だったりしました。

独自形式は当然自分で読み書きのコードを書くわけですが、
改めて C++ でそのコードを書き直すのも正直面倒でしたし、
またこんなプログラムのメイン部分とは直接関係のないところで
車輪の再発明みたいなことをするのもアレだったので、
なにかいい形式は転がってないかと思ったらありました。XML です。

これならツリーも作れるし、読み書きもライブラリがあるだろうしで決定。
そして使うライブラリは XmlLite としました。

XmlLite: ネイティブ C++ 用の小さくて高速な XML パーサー

元々は Vista 以降にプリインストールされているのみですが、
IE 7 がインストールされていれば XP でも動くとあって、
今の時代ならそれほど問題にはならないでしょう。(単体パッケージもあります)

使い方も、ATL / WTL の解説がとても分かりやすいこちらのサイトにありました。

The So-Software Studio

日ごろお世話になっていましたが、
まさか XmlLite の解説もそんな身近なところにあったとは丁度いいなんてレベルじゃないですねコレ。

ということでこれで XML を読んで、プログラム内部では自分でツリーを作っています。
このツリーはノードの集まりで、

・名前
・最初の属性へのポインタ
・最初の子ノードへのポインタ

を保持しています。XML での属性を設定の保持に使い、要素の内容は使いません。
当然 XML 以外のデータからツリーを作ったり、
ツリーから XML 以外のデータに書き出すことはできます。

しかし「プロファイルを利用する側のクラス」は XML かどうかなんて知りません。どうでもいいです。
ただこのツリーがあって読み書きできればそれでいいわけで、
プロファイルを管理しているクラスがシリアライズする形式をすりかえることは容易です。
あくまでもその一つの実装として XML を利用しただけに過ぎないのです。
仕組み上はそのようになっています。

なんか言いたいことがうまく伝わったかどうかは知りませんがこんな感じです。
ソフトの詳細は公開までできるだけ書くのを控えたくなっているのですが、
「今までにないくらいググる回数が増えた」ということだけはいえます。
ここ数日で調べものの回数が半端なく多かったのです。
ウェブ履歴見たら平均して一日 300 回超えでした。どうかしてます。
つまりかなりの調べ物をしないと開発ができないような、そんなソフトだと思います。

[ No. 833 ]
[ 日時 : 2009/08/03 (Mon.) 23:44:44 ]
[ カテゴリ : プログラミング ]
[ コメント : 1 ]
[ トラック バック : 0 ]


時間を食った罠

C++ と COM で久々にハマりました(罠的な意味で)。

まず、IShellLink インターフェイスを CoCreateInstance しようとしたとき。
エラーが「クラスが登録されていません」。
いや有り得ねぇだろと。

CComPtr<IShellLink> pShellLink;
if (FAILED(pShellLink.CoCreateInstance(__uuidof(IShellLink))))
return false;

これでダメでした。実はこのとき渡されていたのは IShellLinkW の CLSID(恐らく)。

CComPtr<IShellLink> pShellLink;
if (FAILED(pShellLink.CoCreateInstance(CLSID_IShellLink))))
return false;

これで通りました。

次はコレ。

(1)
char cTest = 0xFF;
if (cTest == 0xFF)
cout << "true";
else
cout << "false";

(2)
char cTest = 0xFF;
int nTest = 0xFF;
if (cTest == nTest)
cout << "true";
else
cout << "false";

両方とも true かと思いきや false になります。
なんでかって、ただ単純に char が signed だから -1 と 255 を比較してることになったわけです。
メモリ上のバイナリは同一だけどそれぞれが表す値は異なるのに、
signed だったことを考慮に入れてませんでした。ヤバイ。

そしてもう一つ、16 進数のリテラルは char 型扱いになってくれないようです。
コンパイルした時点で cTest へ代入する部分に対して「切り捨てられてんだけど」と警告されます。

[ No. 832 ]
[ 日時 : 2009/08/02 (Sun.) 00:05:11 ]
[ カテゴリ : プログラミング ]
[ コメント : 1 ]
[ トラック バック : 0 ]


プロフィール

Toshi

  • Author:Toshi
  • 何かを創りたい Toshi の記録


ブログ内の検索


最近の記事


最近のコメント


最近のトラック バック


カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


月別の記事


カテゴリ別の記事


RSS フィード


<< 2009/07 - 2009/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2009/09 >>
* Toshi's Recess Room - Toshi Creates. - 2009年08月 の記事 /
http://toshirr.blog13.fc2.com/
(C) 2005 - 2009 Toshi, All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。