何か創りたい。
http://toshirr.blog13.fc2.com/
* Toshi's Recess Room - Toshi Creates. - 科学技術 カテゴリの記事 :: / 次のページ >>
<< 2017/05 - 2017/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017/07 >>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ No. ]
[ 日時 : --/--/-- (--.) --:--:-- ]
[ カテゴリ : スポンサー広告 ]


Windows 7 で Alt+Tab のサムネイル ウィンドウが隠れる現象への対策

久々に更新したと思ったら Windows 7 Tips でした。
ちょっと力を入れてスクリーンショットを撮ります。
帰省しているので、書いてるのはメインのマシンじゃなくてサブノートです。

Alt+Tab でウィンドウを選んでいる時、ディスプレイ中央にサムネイル用のウィンドウが表示されますが、
そのサムネイルが時折、こんな感じで選択中のウィンドウの下に隠れるということが起こります。



パフォーマンス オプションで [Aero プレビューを有効にする] のチェックを外せば一応解決しますが、
それだと「選択中のウィンドウが Peek されないから意味無いじゃん」となっちゃいます。

ネット上を探し回ったところ、「ガジェットを起動してるから」との情報が。
試しに終了させてみると、



マジでした。

ということで、対策は
「ガジェットを使うのを我慢する」 or 「サムネイルが隠れるのを我慢する」の二者択一でした。
スポンサーサイト

[ No. 994 ]
[ 日時 : 2013/04/10 (Wed.) 20:03:15 ]
[ カテゴリ : 科学技術 ]
[ コメント : 0 ]
[ トラック バック : 0 ]


Windows 7 Tips (ジャンプ リスト編)

使ってて「あっ、こーゆーこともできんのね」と思ったことをいくつか。

・Windows Update をジャンプ リストへ登録
タスク バーにコントロール パネルを登録して、すぐに起動できるようにするのに加え、
その中でもよく使う項目をジャンプ リストに固定することができます。
コントロール パネル内の項目を固定できるのは何気に便利なんじゃないでしょうか?

で、まず Windows Update を登録しようと思ったわけですが、
そもそも通常のフォルダと違うのでどうしようかと考え、
Windows XP でやっていたある操作を思い出しました。

「タイトル バーのアイコンをドラッグ」です。

これも現在開いているフォルダ自体を操作したい時に便利なわけですが、
Windows 7 ではタイトル バーにアイコンがありません。
何が使えるかというと、アドレス バーの左端にあるアイコンです。
Windows Update のウィンドウを開いて、そのアイコンをタスク バーにドラッグすることで、
コントロール パネルのジャンプ リストに登録できます。
エクスプローラ上で開くことのできる項目はこれでカバーできると思います。

・デバイス マネージャーをジャンプ リストへ登録
単純にデバイス マネージャーを開いてタスク ボタンを右クリックしても登録できそうにありません。
ですが、実際には上の例と同様、コントロール パネルのジャンプ リストへ登録することができます。

といっても、デバイス マネージャーはエクスプローラ上で開くわけではなく単体のウィンドウなので
アドレス バーもへったくれもありません。
さらに、「コントロール パネル → ハードウェアとサウンド」を開いて、
「デバイスとプリンター」の中にあるデバイス マネージャーの項目をタスク バーにドラッグしてみましたが、
登録されるのは「デバイスとプリンター」そのものになってしまいます…

また、「コントロール パネル → システムとセキュリティ → システム」を開いて、
左端にある「デバイス マネージャー」をドラッグしようとしましたがそもそもできません…

あれこれ試した結果、一つだけ方法を見つけました。
コントロール パネルを開き、右上の検索バーに「デバイス マネージャー」等と入力すると、
検索結果に単体の項目として「デバイス マネージャー」が出てくるので、
それをタスク バーへドラッグすることで登録できました。

果たしてこれ以外に方法があるのか分かりませんが、とりあえず解決しました。
ということで、検索して引っ掛かる項目であればカバーできると思います。
(注意ですが、タスク ボタンとしてコントロール パネルが登録されており、
かつその上へドラッグする必要があります。)

(ジャンプ リスト編) と銘打ちましたが、他の編が出てくるか自信がありませんのでご注意ください。

[ No. 983 ]
[ 日時 : 2011/05/02 (Mon.) 02:12:58 ]
[ カテゴリ : 科学技術 ]
[ コメント : 2 ]
[ トラック バック : 0 ]


メモリ倍増のコーナー

メモリを 4GB 足して 8GB にしました。
4GB で行けないわけじゃないけれども。

昔、ノートを 256MB から 512MB にしたときは満足していましたが、
やっぱり足りなくなってきて 1GB にしたときは、それほどテンションが上がったりはしませんでした。
今回もそんな感じです。

なんでか考えてみました。
最初のうちは滅多に触らないハードを触ったということもあったんじゃないかと。
慣れてくるとそんなんでもなくなってきたんでねーのか...。うん...。たぶん...。

いや、でも今回は初めてデスクトップの中身を見たので、そういう意味では
何気に好奇心的なものを煽られました。
ソフトばっかりやってきてますけど、ハードもイケるクチです。
メモリを取り付けるために GeForce を引っこ抜く必要があったり、そのあたりのやり方を
ある程度分かった気がします。

このために百円ショップでドライバー買おうと思って調べたんですが、
地下鉄仙台駅の中央 2 番出口キャン・ドゥ、あれ便利ですね。外出なくてもいいとか。
行動するときに地下鉄基準で考えてしまいますねー。ものぐさな。

ああ、8GB にしてなんかしら変わったことがないとアレですよねー。
変わりました。元々スワップアウトしづらかったんですが、更にしづらくなったと思います。
あと仮想メモリがとんでもない容量になってます。システムに任せっきりで。
でもシステムに任せっきりでよくなっちゃいました。
前は自分で切ったり実メモリの 1.5 倍にしたりやってたんですが、そこまで考えなくても
別に切り詰めなくていい環境になってしまったので、ほっといてます。放置プレイ。

[ No. 964 ]
[ 日時 : 2010/09/21 (Tue.) 22:32:35 ]
[ カテゴリ : 科学技術 ]
[ コメント : 0 ]
[ トラック バック : 0 ]


アップデートに注意 - ファン、IDE / AHCI

BIOS をアップデートすると設定がリセットされますが、そんなこと何も考えずにアップデートした私がいました。
ということで「これ設定変わってたんじゃね?」という部分がいくつかあったのでメモっておきます。

・ファン
やけにファンが唸ると。調べたら温度によって回転数を制御する機能が無効になってるらしいと。
なので「CPU がこの温度になったら回転数を上げるよ」「それまでは回転数をこのくらいの割合にしとくよ」
という設定(設定名を書くのが面倒なので割愛)を変更したら前のように静かになりました。
ノートの時のファンの方が多分うるさいです。
なお、SYSTEM FAN の方は 2 つとも 100 % で運用してますが、今までどうだったか分かりませんし、
現状騒がしいということもないのでそのままにしています。

・IDE / AHCI
まず、BIOS アップデート後に「Windows を起動しています」画面で、
Windows のフラッグ(ミ田)が光るまで結構なタイムラグが発生するようになったので、
「アップデートの弊害か...」と思って気にしないでいたという
伏線がありましたことを先に述べさせていただきます。

これは、なんとなくネットを見ていたら「そういう機能があるらしい」ということで、
レジストリを変更して再起動して BIOS の設定を変更して再起動して Intel の AHCI ドライバを入れて再起動して、
とやってみたところ上述のタイムラグが大幅に縮んだので、
「もしかしてアップデート前は AHCI になってたんじゃね?」という結論に。

余談ですが、
これをやったら大幅なハードウェア構成の変更とみなされて再アクティベーションをせよとの命が下りました。
OEM だからかなんだか分かりませんがネットでの認証ができなかったので、
フリーダイヤルに初めて TEL しました。いい経験になりました。

さあ、IDE を AHCI にしたら性能はどうなるのよということで、参考程度に CrystalDiskMark の結果をば。
HDD は Seagate ST3500418AS です。

IDE
IDE.png

AHCI
AHCI.png

シーケンシャルは伸びましたがランダムアクセスはほとんど下がっちゃってますね。
一つだけ、4K QD32 Read は AHCI / NCQ の恩恵を受けております。

これで元の設定は復元できた...かも。

[ No. 943 ]
[ 日時 : 2010/06/27 (Sun.) 00:55:51 ]
[ カテゴリ : 科学技術 ]
[ コメント : 0 ]
[ トラック バック : 0 ]


――きっと、戦える。Windows 7 マシン購入雑感

Windows 7 に触れてみて、というか Core i7 と GeForce 搭載のマシンを動かしてみて思ったことです。

何をするにも速いです。
OS の起動そのものも速く感じますし、各種アプリケーションの起動も今までとは比べ物になりません。
スペックはこの前書いています。
今までのスペックは参考までに、こんな感じでした。ノートです。

CPU : Intel Pentium M 1.4 GHz (1 Core, 1 Thread)
GPU : Intel 82852/82855 GM/GME Graphics Controller (on Board, VRAM 32 MB from RAM)
RAM : DDR133 (PC2100) 1 GB (Single-Channel)
OS : Microsoft Windows XP Professional (x86)

分かりやすいのは Google Chrome。
今までならキャッシュ効かせても 3 秒ぐらい CPU が働いてたもんですが、
今は働いてるかどうかすら怪しいほどです。マジです。
画像やら Flash やらが多いサイトも、ネットワークがボトルネックになるほど CPU が暇してます。

YouTube の 1080p の動画も、ハードウェアアクセラレーションが効いてるかどうかに関係なくヌルヌルです。
今までなら紙芝居。CPU / GPU サマサマです。

Process Explorer で、CPU 使用率のグラフが 8 つになったのには感動すら覚えました。
ここで Tips をひとつ。
x64 環境の場合、Process Explorer (procexp.exe) は procexp64.exe を実行時に作成してそれを起動させます。
64 ビットのプロセスの情報を得るためかなと思います。そして終了時には削除されます。
この挙動だと、タスク バーに登録しても起動がうまくいかなかったり、
タスク マネージャと置換しても起動できなかったりなど困る状況になるかと思います。
なので、起動中に procexp64.exe をコピーしておいて、直接 procexp64.exe を起動するようにすると、
タスク バーへの登録もタスク マネージャとの置換もうまくいくはずです。
ちなみに、Program Files (x86) の中に置くとその置換もうまくいかなかったので、
置くなら Program Files の中にしましょう。

閑話休題、さらに分かりやすい例として、Windows エクスペリエンス インデックスを表示したスクリーンをショット。
FC2 ブログの 500 KB 制限に引っ掛かったので、toshi.my.land.to に置いています。
言わずもがなクリックで拡大します。




サムネイルが 720x405 で、実際は 1920x1080。そう、フル HD のディスプレイにしました。
擬似フルカラー (約 1620 万色) だったのを確認していなかったのは若干悔しいですが、気にしないことにします。

今まで XGA (1024x768) とともに生きてきて、
公開してきたソフトウェア(StatusFlag とか TaskFlag とか CQuickMark とか)も
「コンパクト」がコンセプトに含まれていたことを考えると、ある意味わびしくなっちゃいます。
しかしながら、時代の波に乗っていきたい、正直このままではこれから戦っていけないと感じ、
現在の環境に辿り着きました。これで戦います。余程のことが無ければパーツ換装すら有り得ません。

[ No. 939 ]
[ 日時 : 2010/06/13 (Sun.) 01:46:35 ]
[ カテゴリ : 科学技術 ]
[ コメント : 0 ]
[ トラック バック : 0 ]


Chrome と RWIN

Google Chrome では、RWIN が 65536 に固定されるようです。
こちらのページにアクセスしてみると分かります。

SpeedGuide.net TCP/IP Analyzer

久々に RWIN の調整をしようと思ったら「反映されてねぇ...」と思って、
ためしに IE でアクセスしてみたら「反映されてる...」と思って、
ちょっと検索したら Chrome の仕様だと判明しました。

WebKit のおかげで、確かに 65535 のままでもブラウジングに与える影響はゼロといえます。
ただ大きなファイルのダウンロードは IE より遅いかも、という印象が確かにあるので、
場合によってはダウンローダなり他のブラウザ(のエンジン)を使った方が速いです。
勿論、そこまでスピード狂になる必要がないのであれば気にしなくてもいいでしょう。

IE より遅いかもと言いましたが、IE はキャッシュからのコピーが発生するので、
それを差し引いて考えた場合 Chrome の方が速いかもしれません。これはファイルが大きいほど顕著です。
ということで単純にファイルのダウンロードの速さだけで勘案するなら、
Gecko のような直接保存先に書き込むタイプがベストかもしれませんね。

更に付け加えますと、IE でも [開く] を選択すればキャッシュから直接開くのでコピーが発生しません。

[ No. 903 ]
[ 日時 : 2010/02/09 (Tue.) 21:37:22 ]
[ カテゴリ : 科学技術 ]
[ コメント : 0 ]
[ トラック バック : 0 ]


爆速 Google Chrome

つい最近 Version 4.0 が出た Google Chrome。常用できるか試していますが常用できそうです。
RSS は Google Reader で読んで、AutoPagerize / Chrome Gestures といった各種拡張を入れると
中々使い勝手としてはイケます。
まだまだ Sleipnir に及ばない部分も多々ありますが、速度の面で大きなアドバンテージがありますね。

話変わって、ソフトを開発するモチベーションが微妙に上がりそうです。
しかしながらちゃんと公開できるレベルまでそれを保てるようなアイディアを考えないことにはどうしようもないので、
「なんか作りてーんだけど何作ろっかなぁ」。

[ No. 897 ]
[ 日時 : 2010/01/29 (Fri.) 15:13:05 ]
[ カテゴリ : 科学技術 ]
[ コメント : 0 ]
[ トラック バック : 0 ]


Google 日本語入力マジパネェ

期末テストも終わり、時間が空いたので i アプリの開発を家でもしてしまっています。
授業中だけだと間に合わなそうだったので、基盤の部分をほぼ組み上げちゃいました。
それと、もう今年はテストとか行事がないので、日常の学校生活の中で楽しんでいこうかなぁと。

で何を作っているかというと、本当に久しぶりなゲームです。ツールでなく。
基盤を組み上げたとはいえ、突貫工事の部分が割とあるのであまり出来はいいものではないかもしれませんが、
完成の暁には授業でだけでなく Web でも公開する予定です。

さて、巷で話題の Google 日本語入力、私も利用しています。
けっこうたくさんの単語を予測変換してくれますので楽しめます。
ただ、MS IME で使えていたショートカットに使えないものがあり、既定では

・Ctrl + Backspace による確定文字列の取り消し
・無変換キーによる「全角ひらがな・全角カタカナ・半角カタカナ」の切り替え

これができません。後者はカスタマイズによって可能なようですので、
前者ができたらいいなぁ、と感じているところです。

[ No. 880 ]
[ 日時 : 2009/12/06 (Sun.) 22:12:06 ]
[ カテゴリ : 科学技術 ]
[ コメント : 0 ]
[ トラック バック : 0 ]


合格発表

先月に受験した初級システムアドミニストレータ試験の合格発表が行われました。
合格でした。たぶんいつになくテンション上がってたと思います。
次は基本情報技術者を目指します。

合格率は 33.4% といたって平均的な値でした。
今回はじめて行われた IT パスポート試験が 72.9% だったのですが、
当初の予想が 50% 程度とされていただけに、易しいのでは、という感じがします。
IPA のプレスリリースでは「社会人としての経験が豊富な層の応募が多かったからでは」
とありますが、国家試験であるということも勘案すれば、
次からはもっと難易度を上げないと資格の持つ価値に影響してくるのではないかと思いますね。

[ No. 811 ]
[ 日時 : 2009/05/26 (Tue.) 23:13:41 ]
[ カテゴリ : 科学技術 ]
[ コメント : 1 ]
[ トラック バック : 0 ]


久方振りの性能向上に努める

ずいぶん前に PC の物理メモリを 256 MB → 256 + 256 = 512 MB となるように増設しましたが、
今回、256 + 256 = 512 MB → 512 + 512 = 1024 MB = 1 GB となるように
増設というかダブルエクスチェンジしました。
1 枚あたり \1,800 弱です。相性が悪いとかいうこともなく動いていて一安心です。
これでメモリ食いのアプリに迷惑を掛けずに済みますし、常駐も増やせます。

256 では全く足りない、512 では一応足りるがメモリ食いのアプリに迷惑が掛かる、
1024 なら余程の無茶をしない限りスムーズに動作する、といったところが感想です。
といってもこれは XP での話で、7 RC では 1 GB が最低ラインでしょう。
インストール直後の 512 MB の状態では歯が立ちませんでした。
ただ SuperFetch や ReadyBoost のおかげで、より HDD へのアクセスが増した感もあります。
Vista 以降はそれ以前と方針が異なり、「メモリがあるならあるだけキャッシュに回す」がモットーですからね。
これはメモリが多い分にはいいのかもしれませんが、何もしてないのにガリガリ言われるのもちょっと。。。
なお、このあたりの話はそれなりの検索キーワードで見つかります。

やっぱり目に見えて体感速度が上がってます。

[ No. 809 ]
[ 日時 : 2009/05/19 (Tue.) 21:09:34 ]
[ カテゴリ : 科学技術 ]
[ コメント : 1 ]
[ トラック バック : 0 ]


プロフィール

Toshi

  • Author:Toshi
  • 何かを創りたい Toshi の記録


ブログ内の検索


最近の記事


最近のコメント


最近のトラック バック


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


月別の記事


カテゴリ別の記事


RSS フィード


<< 2017/05 - 2017/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017/07 >>
* Toshi's Recess Room - Toshi Creates. - 科学技術 カテゴリの記事 :: / 次のページ >>
http://toshirr.blog13.fc2.com/
(C) 2005 - 2009 Toshi, All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。